日々知り得た事ログ

What I learned every day

神奈川県東部で異臭騒ぎ-地震の前兆なのか

神奈川県東部で異臭騒ぎ-地震の前兆なのか

ネットではいろいろな書き込みが散見されますが

これだけ頻繁に人の鼻に感じる程度の異臭が発生してるのに本当に原因が特定出来ないのだろうか

国は何かを隠しているとしか思えない

国がしっかり調査し国民に報告する義務があるのでは

パニック起こすレベルの何かを隠しているのではないか

急に報告が減って何かまずいものが見つかったんだろうか

 

異臭時系列

2019/05

2020/06

2020/08

2020/09

2020/10

2020/12

2021/03

 

 

2019年5月のニュース

f:id:hajizo:20210326024624p:plain

www.tokyo-np.co.jp

記事によると
  • 「ガス臭い」「ゴムが焼けたような臭いがする」といった異臭の訴え
  • 異臭の通報は千葉市84件、八千代市30件、印西市4件
  • 原因不明

 

www.asahi.com

記事によると

市消防局と、千葉海上保安部の調査では、地上・海上とも、原因は特定できなかったとあります。
当時の銚子地方気象台の記録には、海がある南や南南西から風が吹いていたと、記録があるらしいので、もしかしたら東京湾付近で発生した気体が千葉まで風に流されたのでしょうか。
だとすると、その気体はどこから現れたのでしょうか。
やはり、翌2020年6月の横須賀市の異臭騒ぎと関係があるのでしょうか。
この記事が大きく取り上げられていないのが残念です。

 

2020年6月のニュース

f:id:hajizo:20210326025822p:plain

www.excite.co.jp

記事によると
  • 三浦市で6月4日の20時過ぎから、約3時間にわたって通報が150件ほど
  • 逗子市でも22時5分頃に通報
  • タンカーのガス抜きなどで異臭がすることはあるが、その場合は10分程度の短時間

 

www.zakzak.co.jp

記事によると
  • 4日午後8時8分ごろから、午後9時55分ごろまでに約200件の通報
  • 1995年の阪神淡路大震災の前にも六甲山の東端地域で異臭が発生したとされる
  • 押されたプレートが跳ね上がる場合、岩をすり潰すようなにおいが出ることも考えられる

 

www.excite.co.jp

記事によると
  • 赤潮の場合は人が感知できるニオイは少ない
  • 青潮だともっと生臭いニオイがする
  • 三浦半島には活断層が多いしガス田もある

 

有識者や学識経験者の見解によると、可能性の一つとされているタンカーのガス抜きが原因と考えるには、その時間の短さからいっても放出される量が多くないので、今回の件との関連性は低そうです。
もう1つの可能性として地震説が取り上げられていますが、こちらの方は可能性を否定する材料は記載されていません。
読者の興味をそそる記事だけが取り上げられているのであればいいのですが、そうでなっかたら怖いですね・・・。

 

2020年8月のニュース

f:id:hajizo:20210326023435p:plain

www.news24.jp

記事によると
  • 21日午前8時40分ごろから40件以上の通報
  • 通報は時間がたつにつれ北上し、市や消防は南風の影響ではとしている

画像の赤丸から分かる通り、この時はかなりの広範囲にわたって異臭が確認されたようです。
これだけ広いと、人為的なものとは考えづらいですね。
巷で騒がれているように、地下のガスが一斉に地上に吹き出したのでしょうか。

 

2020年9月のニュース

f:id:hajizo:20210327024053p:plain

www.kanaloco.jp

記事によると
  • 19日、午前9時~10時ごろにかけ通報が10件
  • 発生場所が特定できず

 

www.news24.jp

記事によると
  • 19日、異臭の通報を受け、県警や海上保安庁などの関係機関が調査をするも原因不明

この時は県警や海上保安庁などの関係機関が、異臭について捜査をしたようですが、やはり発生場所や原因は不明のままでした

 

2020年10月のニュース

f:id:hajizo:20210327030102p:plain

www.tokyo-np.co.jp

記事によると
  • 12日、横浜市内で夕方に通報が相次ぐ
  • 採取した空気からは、ガソリンなどが気化した際に出る「イソペンタン」が通常の10倍以上、「ブタン」は3倍程度の濃度で検出された

www.asahi.com

記事によると
  • 横須賀市で14日に異臭騒ぎについての関係機関の会合が開かれ、県や横須賀市、県警、消防、海上保安庁などから36人が出席
  • 船舶の放出するガスの可能性はなかった

この時は、横浜市環境科学研究所で異臭の分析ができ、「イソペンタン」と「ブタン」が通常より高い濃度で検出された様です。
イソペンタン(消防法に定める第4類危険物の・・・)
ブタン(炭化水素の一種で・・・)

 

2020年12月のニュース

f:id:hajizo:20210327152406p:plain

www.kanaloco.jp

記事によると
  • 11日午前11時15分ごろ、横浜市立本郷台小学校より異臭の通報

この日は他の地域の記事が見当たらないので、ごく限られた地域での発生の様です。

 

2021年3月のニュース

f:id:hajizo:20210327161850p:plain

 

news.tv-asahi.co.jp

記事によると
  • 12日午後1時ごろ、横須賀市安浦町で通報3件
  • 原因不明

www.news24.jp

記事によると

横浜市横須賀市とも今回は限られた範囲の様です。
横須賀市は去年6月以降、市内や横浜市などで相次いでいる異臭騒ぎとは原因が別である可能性もあるとみています」
と、あるので人的要因なのかもしれません。

 

 

異臭騒ぎに関する自治体HP

  • 神奈川県
    時系列で通報状況がまとめられています。気体成分の検出結果と健康被害についてもまとめられています。地震の可能性についても言及されています。
  • 横浜市
    時系列で通報状況がまとめられています。気体成分の検出結果と健康被害についてもまとめられています。
  • 横須賀市
    神奈川県HPの異臭情報ページへのリンクとなっています。
  • 三浦市
    神奈川県HPの異臭情報ページへのリンクとなっています。(余談ですが自治体HPなのでS通信にしたほうがよいのでは・・・?)

地震の前兆(地殻変動)との関連について(神奈川県HPより)

神奈川県の見解として、
【これまでの異臭の分析結果から、採取した大気を分析した日については「地殻変動」や「青潮」が異臭の原因である可能性は低いと推測されます。】

神奈川県温泉地学研究所の見解として、
【これまでの分析において検出されているイソペンタン等の物質が、地殻変動に伴い発生するという知見は確認できておりません。また、地震の前兆として、異臭が発生するという科学的な根拠はありません。】

この県からのアナウンスをどう捉えるかですよね。
ストレートに可能性が低いと言うことに安堵するか、それとも積み重ねてきた科学的根拠が未だ浅く判断がつかないので楽観視できないのか。

 

青潮との関連について(神奈川県HPより)

県では青潮に関する定期観測は実施しておりませんが、令和2年度に入ってから青潮が発生した・青潮を確認したといった通報等は受けていません。(令和2年11月末現在)

青潮を調べてみると、赤潮と同じく生活排水に起因するようです。しかも青潮の際は硫黄酸化物が生成され、かなり悪臭を放つようです。
原因がこれなら、地震の心配はないので、臭いを我慢しつつやり過ごせばいいのですが、青潮は発生していないという事で、今回はどうも違うようです。

 

発生源として可能性があるものが数点挙げられています

www.tokyo-np.co.jp

news.tv-asahi.co.jp

news.yahoo.co.jp

 

石油タンク漏れ・タンカーのガス抜き・石油化学工場など人為的なものか、青潮によるものか、地震の前兆(地殻変動)か、諸説挙げられていますが・・・

 

  • 石油タンク漏れ・タンカーのガス抜き・石油化学工場など
    異臭発生時刻に該当する施設からの連絡などは無く、関係機関の調査でも問題は見つからなかった様です。
  • 青潮
    神奈川県HPで発生は確認されていないと言っています。
  • 地震の前兆(地殻変動
    神奈川県HPでは地震の前兆として、異臭が発生する根拠はないと言っています。

 

今回の事象が起こるためには、その原因が必ずあるのですが、それが判然としません。
公的機関は不確実なものについては発言を控えるように思えるので、パニックになるような何かがあるとしても、一般市民が知るのは事が起こってからでしょう。
今回の記事では全く触れられていませんが、異臭騒ぎの起こった地元住民からは、米軍基地に起因していると言う声もある様です。

 

最後に

今後、異臭騒ぎが再び起こる様であれば、その都度情報をまとめていきたいと思います。

今回の騒ぎが、首都直下型の地震の前触れでない事を祈るばかりです。
阪神・淡路大震災の時も、東日本大震災の時も、全て事が起こってからの対応でした。
せめて個人レベルでの備えだけは怠らない様にしたいものです。